アバンギャルドブログ

納車御礼 FUJI TRANSONIC 1.1

熊取の森です。

今日はタイトルにもある通り、久しぶりに納車御礼シリーズを書きましたのでご覧くださいdouble exclamation

 

阪南市のS様が選ばれたのは

FUJI TRANSONIC 1.1

フジのハイエンドエアロロードのトランソニックexclamation

 

フレームは超軽量C10カーボン採用ぴかぴか (新しい)

UCIの承認ステッカーが誇らしいですなほっとした顔

 

フレーム重量は1050g

かなりのボリュームなのに超軽いですねグッド (上向き矢印)

登りもこなせるエアロロードと巷で噂されていますが納得ですダッシュ (走り出すさま)

 

トップチューブにモデル名が入ります。

 

フロントフォークは368g

コラム未カットの状態で、ダイレクトマウントに対応したフォークの中では軽量な部類ですぴかぴか (新しい)

 

シートポストもカーボン製で184g

ヤグラがアルミで、エアロシートポストなことを考慮すると軽いですdouble exclamation

 

メインコンポは最新のR8000番アルテグラ

チェーンリングの歯数はエアロロードらしく52Tダッシュ (走り出すさま)

オールラウンドにこなせるギアですねるんるん (音符)

 

トランソニックはダイレクトマウントタイプのブレーキ採用で、リアブレーキに被さるようなフレーム形状になります。

これにより空気の乱流を整え、空気抵抗を抑えるデザインダッシュ (走り出すさま)

 

シートチューブも珍しい形状になります。

ホイールに沿ってカーブした形状が、ホイールとの距離を詰めて乱流を抑えるデザイン

エアロロードらしいデザインですねほっとした顔

 

フロントフォークはフレームときれいにつながるデザイン

近年のエアロロードでは定番のデザインで乱流を抑え、空気抵抗削減に貢献しますダッシュ (走り出すさま)

 

ヘッドパーツはフジのオリジナルが付属しますが、スパカズのトップキャップを装着exclamation

フレームの差し色に合わせたレッドでいいアクセントになってますぴかぴか (新しい)

 

やっぱエアロロードときたらホイールはデイープっしょdouble exclamation

ということでマヴィックの超定番、コスミックカーボンを装着ぴかぴか (新しい)

見た目のインパクトも巡行性能もアップアップですグッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

 

無骨な形状とは裏腹に、乗り心地もよく軽量でよく登る、エアロロード寄りのオールラウンドバイクといった位置づけのトランソニック

トランソニックとは「亜音速」という意味

最も音速に近い状態で限りなくマッハダッシュ (走り出すさま)ダッシュ (走り出すさま)

超高速のエアロロードでぶっ飛ばしましょう指でOK

 

トランソニックは2019年モデルからはフジのカラーオーダーシステムである、「FUJI REMIX」のみになり

28万円からカーラーオーダーができますexclamation

https://jp-fujiremix.com/home/

カラーオーダーができるハイエンドバイク

さらに超お求めやすい価格で魅力いっぱいのFUJI

アバンギャルドでは、和歌山店、泉南熊取店でふFUJI REMIXをオーダーすることができますので

気になる方は是非ご来店ください指でOK

 

では手 (パー)