アバンギャルドブログ

FUJI TRANSONIC 1.1 インプレ

熊取の森です。

 

今日は先月末から乗り始めたフジのトランソニックを乗って感じたままにインプレとして書いていきます~

使ってるパーツ類のインプレも含めて書いていきますexclamation

身長175cmの僕が選んだサイズは52

写真状態でサドル高は710mmです。

もっと上げたいのですが、なにぶんダックスフンドなもんで冷や汗 (顔)

 

トランソニックは完成車とハイエンドのフレームセットでの販売がありました。

現状はフジのカラーオーダーシステム「FUJI REMIX」のみとなっています。

https://jp-fujiremix.com/home/

 

今回はもちろんハイエンドのフレームセットを選択exclamation

 

使用カーボンはC10グレードのカーボン

同メーカーから軽量ハイエンドフレームのSL1.1がありますが、そちらはもう一段階上のC15

SL1.1も過去に試乗したことがありますがパリッとした軽量バイクらしい乗り味でしたダッシュ (走り出すさま)

 

トランソニックは軽量バイク特有のグッと飛びぬけるような加速感は無いものの、

もがいたときに適度にしなる感じを受けました。

この「しなり」の感じは個人的に好きで、高速域からさらにスピードを上げたいときにリズムよく加速してくれるのには驚きましたぴかぴか (新しい)

 

適度なしなりがあるバイクなので乗り心地がかなりいいバイクですほっとした顔

エアロロードは乗り心地が悪い、、、というネガティブな印象は全くないですね指でOK

 

エアロロードではお馴染みのフォークとフレームの接合部分

極力段差をなくすことにより空気抵抗を減らしていますダッシュ (走り出すさま)

 

リアブレーキを覆うように伸びたシートステー

若干の被さりが整流効果を高め空気抵抗を減らしていますexclamation

 

シートチューブも独特な形状で整流効果を高めるためにタイヤとギリギリにまで詰められています。

約5mmほどの間隔でしたダッシュ (走り出すさま)

 

フレームのマットな質感と合わせ、メインコンポはR8000番 機械式アルテグラぴかぴか (新しい)

クランクは170mm

歯数は53-39Tですexclamation

以前まで流行りの52-36Tでしたが高速レースで限界を感じたので大きくしました 笑

スプロケは12-25Tのクロスレシオの物を使用。

この組み合わせにしたのは変速したときのギャップが少なくなるのが狙いだからです指でOK

 

ブレーキはダイレクトマウントで剛性感抜群double exclamation

 

BBの規格はPF30

スギノのプレスフィットBBを使用

音鳴りは皆無です指でOK

 

ハンドル、ステムはボントレガー製品を使用。

しばらく休養中のMADONE9のポジションに合わせるべく選びました。

 

ハンドルはXXX エアロ

400mmのサイズを使用。400mmはブラケット位置での幅になるのでバーエンド部分ではもう少し広がりますexclamation

カーボンハンドル特有の振動吸収性の高さと、上ハンドル部分がフラットな形状なので登りや疲れたときに持つと非常に楽ぴかぴか (新しい)

おまけにカッコよくもなります目がハート (顔)

もがいたときのしなりは若干ありますが全く問題なく気になりませんdouble exclamation

 

ステムは各種アタッチメントの付けられるPro ステム

角度は17度で120mmを使用してますほっとした顔

 

このProステムがよくできていてガーミン、ボントレガーのライトをステムの前面に付けられますぴかぴか (新しい)

こうすることにより、ハンドル周りが非常にすっきりします指でOK

 

ハンドルはワイヤーを内装できるタイプですが、あえて外を這わせてます。

ハンドルからワイヤーが出てくる部分でワイヤーが削れないようにする為と、メンテナンス性を上げるために外通しにしました猫2

 

ステムのボルトでワイヤーを傷つけてしまうので、ボルトと干渉する部分には熱収縮チューブを入れワイヤーを保護。

 

僕が自転車を組むに至って一番拘るのがワイヤールーティング

無駄なく無理なく、かつ美しくキレイになるようワイヤーの長さを調整しますぴかぴか (新しい)

ワイヤー交換、バラ完などここに拘ってしまう以上、一番時間がかかるのがワイヤーの調整です、、、冷や汗 (顔)

 

サドルはフィジークのアリオネ

もうかれこれ10年以上はアリオネ使用です。

全長30cmとUCI規定ギリギリの長さで多彩なポジションが取れるのが魅力ぴかぴか (新しい)

先端も細いのでペダリングもスムーズにできまするんるん (音符)

アリオネあってこその私のケツと言っても過言ではないです指でOK

 

エアロロードの悩みの一つとして、その形状上テールライトが非常につけにくいこと、、

トランソニックも例外ではありませんでしたふらふら

なのでライトマウント自作double exclamation

鉄板を曲げ、ライト取付マウントを固定しヤグラに取り付けましたダッシュ (走り出すさま)

 

ネジロック塗ってますので外れる心配はないですねグッド (上向き矢印)

非常にスマートに取り付けられましたるんるん (音符)るんるん (音符)

 

ホイールはコスミック プロ カーボン SL UST

ものすごく人気のコスカ SL UST

全体的に剛性は高く、レースでの使用率も高いモデルですねdouble exclamation

 

USTなのでチューブレス対応ですが、クリンチャーにも対応しています。

今はボントレガーのR4 クリンチャーを使用。

25Cで185gと超軽量なモデルですグッド (上向き矢印)

USTからクリンチャーにしてみての印象ですがとにかく「硬くなった」と感じましたダッシュ (走り出すさま)

USTでは6気圧が上限ですが、クリンチャーでは7気圧が上限。

その1気圧が影響してるのもありますが、踏み出しでの印象がものすごく進むように感じましたダッシュ (走り出すさま)ダッシュ (走り出すさま)

ただ、硬くなったのでロングライドでは若干疲労として出てくるかもしれませんね考えてる顔

 

個人的に走りはUSTよりクリンチャーの方が軽く感じました。

僕自身体重が75kgあるので高圧張れるクリンチャーだからそう感じたのかもしれませんね冷や汗 (顔)

 

見た目の無骨さからガチガチの乗り味かと思ってましたが意外と乗り心地のいいバイクで、いい意味で裏切られました冷や汗 (顔)

乗り心地がいい=柔らかいと言わけでもなく、しっかりと剛性を持たせてるなと踏んでいて感じます。

特に高速域からの「もう一段階!!」というところの伸びは絶品ぴかぴか (新しい)

先週の岬クリテでは緩い追い風の登りスプリントでしたがシッティングで55km/hから60.5km/hまで伸ばせられましたダッシュ (走り出すさま)

ダンシングんでもがけてればもっと伸びてたんでしょうけど両脹脛が攣ってたので無理でしたたらーっ (汗)たらーっ (汗)

 

その振動吸収性の高さから、短い距離のクリテよりもツールド沖縄のような長い距離のロードレースが向いてるかもと思いましたねほっとした顔

加減速の多いクリテなどでは剛性の高いホイールを履かせると相性がいいと思います指でOK

 

平坦での巡行もピカイチぴかぴか (新しい)

「しなり」を活かしてリズムよくペダリングすればスムーズに伸びてペースを維持しやすくなりますダッシュ (走り出すさま)

これを64mmハイトのコメット プロ カーボンSL USTのようなハイパーエアロホイールを履かせるとブッ飛ぶと思います冷や汗2 (顔)

 

気になる重量ですが、写真の状態で7.5kg

決して軽くはありませんが、あえてこのくらいの重量になるよう調整しましたひらめき

僕的に7.5kgという重量が扱いやすいベストな重量なんです指でOK

 

レースからロングライドまでこれ一台で何でもあれexclamation

といった至れり尽くせりなバイクですねぴかぴか (新しい)

いや~いつもながらいいバイクに巡り合えてます目がハート (顔)

 

では手 (パー)