レンタルサイクルについて

和歌山・泉州初!ロードバイク・MTBのレンタサイクルで家族や友人と一緒にサイクリングに出かけよう!

ロードバイクやMTBを始めてみたいけど、乗った事ないし長続きするのか解らないのでとりあえずお試しで乗ってみたい!とか、ご家族や友人をサイクリングに誘って一緒に行きたいけど、スポーツ自転車を持ってないのでどうしようという方にAVANT GARDEのレンタサイクルがオススメです!

レンタサイクルの手順

  1. AVANT GARDEへお電話にてご予約ください。 (1ヶ月前からご予約可能です)  
  2. レンタル当日、身分証をお持ちの上ご来店下さい。  
  3. 申込手続き後、お客様に合わせてスタッフが自転車を調整し、レンタル開始  
  4. 返却期日の19時までに店舗までご返却ください。泉南熊取店・和歌山店どちらでもOKです!
【ご予約電話番号】
和歌山店電話 泉南熊取店電話

【ご予約について】

1ヶ月前から前日までご予約が可能です。レンタサイクルは基本、和歌山店に設置しておりますので前日および当日に泉南熊取店にてレンタル希望の場合はご用意できない場合がございます。
ご予約の際にレンタルされる方の身長をお伺いし、適正なサイズの自転車をご用意させていただきます。希望のサイズがある場合はご予約の際にお申し付けください。 ご予約の前に下記ご利用規約をお読みになり、同意いただける場合のみご予約願います。

【キャンセルについて】

キャンセルの場合は前日までにご連絡下さい。

【ご返却について】

ご返却は泉南熊取店・和歌山店どちらでもOKです。お申込の際に返却場所を指定してください。 ご返却予定日より遅れる場合も各店舗までご連絡くださいますようお願いいたします。 返却予定日が当店の定休日や休業日の場合は翌営業日のご返却となります。

レンタサイクル料金表

車種日帰り1泊2日1週間延長料金/日
ロードバイク¥3,500¥6,000¥30,000¥3,000/日
クロスバイク¥2,500¥4,000¥20,000¥2,000/日
マウンテンバイク¥3,500¥6,000¥30,000¥3,000/日
ヘルメット¥500¥1,000¥3,000¥500/日

※ 貸出状況によってはご希望の車種をお貸出できない場合もございます。最大貸出期間は30日間とさせていただきます。
※上記価格は税抜き価格です。

レンタサイクルご利用規約

本規約は、アバンギャルド 泉南熊取店およびアバンギャルド 和歌山店(以下「店舗」といいます)のレンタサイクルを利用するお客様に対して適用されるものとします。 なお、この規約に定めのない事項については、法令または一般の慣習によるものとします。また、本規約は予告なく変更する場合がございます。

第1条 (目的)
レンタサイクルは、本店舗の利用を通じて、お客様とのスポーツサイクルを通じてコミュニケーションを図り、スポーツ自転車文化の普及に寄与することを目的とします。
第2条 (利用資格)
レンタサイクルは、次の各号の全部に適合するお客様のみ、利用することができます。
(1) 店舗の趣旨に賛同し、本規約および交通規則等を守ることができる方。
(2) 店舗および各運営会社からの連絡が可能な電話番号を所有している方。
(3) 貸出日に身分証明書を携帯しており、店舗スタッフに提示することができる方。
(4) スポーツサイクルの利用に耐えうる健康状態の方。
(5) 酒気を帯びていない方。
(6) 18歳未満の場合、保護者の自筆署名と、保護者の身分証明書の提示が必要となります。保護者は本規約に基づく責任を本人と連帯して負うものとします。
(10) 過去にレンタサイクル費用の滞納や連絡なしにキャンセルされた事がない方。
(11) その他、店舗が利用に適すと判断した方。
第3条 (予約)
1. お客様は、貸出希望日の前日までに店舗へ電話をすることで、事前予約を行うことができます。レンタサイクルは和歌山店に設置しておりますので、和歌山店においては当日でも可能な場合がございます。
2. 予約の際は、使用者の氏名と年齢、電話番号、身長または希望するサイズ、貸出希望日時、貸出期間をお伝えください。
3. レンタルした店舗とは異なる店舗でご返却される場合、予約の際にお伝えください。
4. 貸出状況によって、ご希望の車種を貸出しできない場合があります。
5. 貸出日当日、予約時間に遅れそうな場合は、予約時間になる前に店舗まで電話連絡をしてください。
第4条 (予約のキャンセル)
1. お客様は、貸出希望日の前日営業時間内に店舗へ電話をすることで、予約をキャンセルすることができます。
2. 事前の連絡がなく、キャンセルとなった場合は次回よりレンタサイクルが出来ない場合がございます。
第5条 (利用申込手続き)
利用申込の手続きは、以下の通りとします。
(1) 店頭スタッフとともに、貸出期間と貸出パーツを確認します。
(3) レンタサイクル申込書に所定事項を記入します。
(4) レンタサイクル申込書と身分証明書を、店舗スタッフに渡します。なお、店舗スタッフは、身分証明書を確認の上、番号等を控えさせていただきます。
(5) 貸出料金の精算を行います。貸出料金は、別途定めた通りとし、原則として前払いで精算するものとします。
(6) 店舗スタッフから、貸し出すレンタサイクルとパーツ(以下「貸出商品」といいます)について、取扱い説明を行います。
(7) 店舗スタッフは、お客様に合わせてレンタサイクルの調整(サドル高の調整)をします。
(8) お客様と店舗スタッフは、貸出商品に整備不良がないことをともに確認します。
(9) 店舗スタッフは、お客様に貸出商品をお渡しします。
第6条 (貸出商品の返却)
1. お客様は、貸出商品を返却予定時間までに返却予定の店舗に返却してください。
2. 貸出商品は、貸し出したときと同じ状態で返却してください。異常または故障があった場合は、速やかに店舗スタッフにお伝えください。
3. 貸出期間中に転倒された場合や自転車に傷をつけてしまった場合も、スタッフにお伝えください。
第7条 (貸渡契約の成立)
1. 貸出商品の貸渡契約は、店舗が貸出料金を受け取り、お客様に貸出商品を渡したときに成立します。
2. 事故盗難その他、店舗および各運営会社の責によらない事由により、お客様が予約した貸出商品を貸し出すことができない場合には、店舗はお客様からの予約への承諾を取り消すことができるものとします。
第8条 (利用申込の無効)
店舗および各運営会社は、お客様が貸出期間中に次の各号の一に該当したときは、何らの通知をすることなくお客様からの申込を無効とし、直ちに貸出商品の返還を請求することができるものとします。この場合、第5条で店舗が受け取った貸出料金は一切返納いたしません。
(1) 本利用規約に反する行為を行ったとき。
(2) お客様の責に帰する事由により事故を起こしたとき。
(3) 第2条に該当しなくなったとき。
第9条 (貸出期間超過)
1. 返却予定時間を過ぎそうな場合、速やかに店舗まで連絡してください。
2. 貸出期間を超過して返却した場合、お客様は別途定める超過料金を支払うものとします。
3. 返却遅延により次の申込者が使用できない等、第三者に損害を与えた場合は、その損害を賠償するものとします。
4. 返却予定時間を経過しても、お客様からの連絡がなく返却がない場合は、電話・郵便・電子メール等で確認させていただく場合があります。なお、ご連絡をしない場合であっても、本規約に従い、追加料金は発生します。
第10条 (故障・破損)
1. 貸出商品について、故障または破損した場合は、直ちに運転を中止し、店舗まで連絡してください。
2. 自転車がパンクした場合、修理方法が分からない場合は、店舗まで連絡してください。
3. お客様の責に帰すべき事由により、貸出商品を故障または破損、損傷した場合、損害金額をお客様に請求する場合があります。
第11条 (盗難・紛失)
1. 盗難または紛失があった場合、速やかに店舗まで連絡してください。
2. お客様の責に帰すべき事由により、貸出商品を盗難または紛失した場合、損害金額をお客様に請求する場合があります。
第12条 (事故)
1. 貸出期間中に事故にあった場合、速やかに店舗まで連絡してください。
2. 必要な場合は、警察に連絡する等、法令で定められた処置をお客様自身でとってください。
3. お客様の責に帰すべき事由により、店舗または第三者に損害を与えた場合、お客様はこれを賠償するものとします。
4. 事故についての示談等が必要な場合には、お客様自らの責任で行っていただきます。店舗および各運営会社は、事故についての一切の責任を負いません。
5. 自転車の故障によってお客様や第三者に損害が発生したとしても、店舗および運営会社は一切の責任を負いません。
6. 事故などでお客様自身が怪我された場合、店舗および運営会社は一切の責任を負いません。ご自身で自転車保険など別途ご加入ください。
第15条 (禁止行為)
1. お客様は、貸出期間中、レンタサイクル申込書に記入した使用者以外の方に、貸出商品を使用させてはいけません。
2. お客様は、貸出商品を閉鎖された公道やサーキットなどのコースで行われるサイクルレースに使用してはいけません。(閉鎖されていない一般道を走るサイクルイベントは可)
2. お客様は、貸出期間中、次に定める禁止行為を行ってはいけません。
(1) 無謀な運転、酒気帯び運転、その他交通規則に違反する行為。
(2) 危険箇所、不適当な場所または方法での使用。
(3) 歩行者等の通行障害となるような行為。
(4) 貸出商品の構造・装置等の改造および変更。
(5) ヘルメット無着用での走行。
(6) その他、法令諸規則に反する行為。
第16条 (不可抗力事由による途中終了)
貸出期間中、天災その他の店舗、運営会社およびお客様のいずれの責めにも帰さない不可抗力の事由により、貸出商品が使用不能となった場合には、貸渡契約は終了するものとします。この場合、お客様はその旨を店舗に速やかに連絡するものとし、貸出料金が返還されないことを予め承諾します。
第17条 (信義則)
本規約の内容に疑義が生じた場合、または本規約に記載していない事項が生じた際は、お客様、店舗および運営会社は、誠意を持って協議し、解決に努めるものとします。
第18条 (合意管轄裁判所)
本規約に基づく権利および義務について紛争が生じたときは、運営会社本社または店舗を管轄する地方裁判所をもって管轄裁判所とすることに合意します。