Superfeetインソール取扱開始

オータニ@口熊野マラソン以来、免疫力低下で風邪引いたりと運動出来てません・・・(汗)

さて、今回ご紹介するのはSuperfeetのインソールです。

皆さん、シューズのインソールは買った時についてきたインソールのままですか?

以前僕も某大型スポーツ用品店で足型取って高いインソール作って使ってましたが、効果があるのかないのか解らないような感じでした。

それでマラソン大会とかも出ましたが・・・結局、30kmの壁をぶち破れず、走り終わったら靴擦れしまくって、爪は死んでしまって・・・という状況です。

Superfeetのインソールの取扱の話があった時、半信半疑で講習会を受けてきました。

足の模型と共に説明を受けて大体大の授業のようでしたが、

要するに、踵(かかと)が落ちてきて、

過剰回内(オーバープロネーション)を起こして色々な障害が起こってきます。

自転車でいくと、パワーがペダルにうまく伝えられなくなるのはもちろんですが、

膝が痛くなったり、疲れやすくなったりする要因でもあります。

他のインソールと異なる所は、よく、アーチをサポートした商品はありますが、アーチを直接持ち上げると足の構造を崩して余計に過剰回内になるらしいです。

Superfeetはアーチ全体を持ち上げるのではなく、載距突起という踵付近にある骨の部分をサポートして過剰回内を防ぐという商品です。

Superfeetは沢山種類があって、今回はサイクルとランに絞りました。
他にもスキー用だったり登山用とかもあるようです。

BLUEとBLACKとCARBONの3種類です。

サイクルの基本はBLACKとCARBON。

ロード用ビンディングシューズをお持ちの方は基本CARBONをオススメします。

MTBやブルベなどをされる方はBLACKをオススメ。

ラン用としてはBLUEかBLACKです。

僕は幅広の扁平足なのでBLUEを選択しました。

普通の足の方はBLACKでOKです。

今回、口熊野マラソンで履いたシューズ。

NEWTONのディスタンスにSuperfeetのブルーを入れてます。

結果、サブ4には1分及びませんでした・・・(汗)
あかんやん!?って言わないで・・・

30kmの壁に直面してしまい・・・
インソール付けても一緒やん!?って言わないで・・・

今回このインソールで大きく違ったのが、まず、
歩かずにずっと走って完走出来た事。
靴擦れしなかった事。
爪が無事だった事。

サブ4出来ずともこの3つはすごくないですか!?

みなさんも騙されたと思って使ってみて下さい。

和歌山店に試し履き用のフィッティングソールが各サイズ各モデルございますので騙されたと思って入れてみて下さい。
体感出来ると思います。

普段の仕事用の靴も全部これに替えている方もいらっしゃるようです。

肝心の値段ですが、BLUEとBLACKは4800円(税別) CARBONが6000円(税別)

めっちゃ安い!!こりゃ紳士靴も全部替えたくなりますね。

そして、使われてみて、やっぱりあの金髪社長に騙されたわ〜!!!

って方、60日間返品・交換保証がついてます。
すごいでしょ。

さあ、これからトライアスロンにサイクルイベントがシーズンインしていく前にインソール見直してみては如何でしょうか??