アバンギャルドブログ

秋の舞洲クリテリウム

熊取の森です!

 

9月9日に舞洲クリテリウムが行われたのでそのレース結果を書いていきますexclamation

 

レース当日の秋雨前線の影響で雨予報雨

でも会場へ向けて車運転してると晴れ間が見えてきて「これ晴れんじゃね??」という期待を持ちながら舞洲に到着double exclamationdouble exclamation

 

 

 

 

すると

 

 

 

 

 

雨、、、

普通に雨、、、

大雨!!!

 

さすが大雨アメフラシさんは違います 笑

 

 

まあ、でも普通にレースはあるんで小ぶりになるまで車内で待機

コースには大きな水たまりもあり、路面状況は言うまでもなくウエッティたらーっ (汗)たらーっ (汗)

こうなるとカーボンホイールではブレーキの効きが大きく落ちてしまうので早く日本のレースでもディスクブレーキ解禁してほしいもんですな~考えてる顔

 

 

この雨の中やる気に満ち溢れている男が一名

ショーン・K氏がローラーで音楽聞きながらアップ中ダッシュ (走り出すさま)

数本もがいて心肺を上げてレースに備えます指でOK

 

 

そうこうしてるうちに一般の部のC3クラスが出走ダッシュ (走り出すさま)

ショーン・K氏と降川さんが出場exclamation

 

小雨だった雨もスタートしてしばらくすると止みました。

ただ、路面が写真のように水浸しなのでレースペースは普段より落ち着いていたとのこと。

舞洲は1周850mのオーバルコースなので、選手が走ってるのをずっと見れるのがいいところですねほっとした顔

 

大阪車連主催のレースに初参戦の降川さんは舞洲を知り尽くしているショーン・K氏の後ろに付き周回をこなしますダッシュ (走り出すさま)

 

 

残り周回数が少なくなり集団のペースが上がります

普段、体力を温存しながら走るブルべをメインに走る降川さんにはクリテリウムのインターバルが地獄に感じたとレース後話してくれました冷や汗 (顔)

 

 

ショーン・K氏はこの日に向けてインターバルトレーニングを重ねてきたので集団についていきますダッシュ (走り出すさま)

最終コーナーを抜け、ゴールスプリントexclamation

路面ウエッティでトラクションがかからない中、5位(入賞)

 

雨でのレースほど怖いものはありませんからね~

二人とも無事で何よりですdouble exclamation

 

そして午後からは僕の出番

 

スプロケが割れた堺クリテリウムから4ヶ月ぶりの実業団E1

午後になると雨も上がり路面もドライになっていました。

 

そして出走ダッシュ (走り出すさま)

ローリングスタートの後にリアルスタートが切られレース開始ダッシュ (走り出すさま)

するとすぐにペースは50km/hほどにまで上がりコーナー前で減速

そしてコーナー抜けて再度加速の繰り返し

 

まあ、耐え切れずに千切れてDNFです、、、泣き顔

※DNF(Do Not Finish)

後でリザルトを見たらAve 42.51km/hと普段と変わらないくらいのペースだったのでインターバルに弱いだけでしたたらーっ (汗)

実業団レースで初のDNFは非常に情けなく恥ずかしいものでしたよたらーっ (汗)

 

まあ、これにて僕の出る今年の実業団レースは終わりました。

来年はE1残留が確定しているのでこのDNFに反省して来期に向けて練習しますdouble exclamationdouble exclamation

 

そして最後に、、、

 

 

 

途中で降りて申し訳ございませんでした!!笑

 

では手 (パー)