アバンギャルドブログ

第38回全日本トライアスロン皆生大会参加レポ〜初のロングディスタンス〜

トライアスロンやるとスイムキャップやランのキャップで擦れてゴールデンヘアの前髪が千切れてしまいました@オータニです。

さて、いよいよこの日がやってきました。

今年のいや、人生の目標だったトライアスロンのロングディスタンスを完走。

ぶっちゃけ言うと3種目中の2種目が苦手なんでまだエントリーするには早いと自分で思っておりました。

しかもいきなり皆生って・・・。一番過酷な時期に行うのでかなりハードなロングらしい。

それでも自分なりにトレーニングして、(白浜終わってから慌ててトレーニングし出したのは内緒・・・)

トレーニング、仕事、トレーニング・・・

仕事の割合減りました(笑)

もうこの皆生の抽選受かってから、楽しみ!とかではなく、恐怖です。

スイム3km、バイク140km、ラン42km

まずスイム3km泳いだ事がない。

バイクはいけるとして、ランも過去2回しかフルマラソン大会に出たことがなく必ず30kmから走れなくなる。

あ〜怖い。しかもこの日の気温は36℃とかほんま死ぬんちゃうかな・・・

しかも、前回の2週間前に行われた伊勢志摩トライアスロンから帰って来て次の日から風邪引いて、病院行き。

ゲホゲホ言いながらこの2週間過ごしてきました。結局完全に風邪も治らず・・・ほんま大丈夫かな・・・。

おまけに白浜から引きずってるピッピーも治らず、病院へ行って大腸カメラしても異常なし。

「トライアスロンでピッピーなるからなんとかして」と医者に相談して、普通の下痢止めと神経性からくる下痢止めをもらう。

普通の下痢止めを飲んで試してましたが、治らず・・・。

神経性の分はあまり飲むと極度の便秘になるとの事で、大会前日に飲んだら治りました・・・。

神経性やったのね・・・この皆生に出るのに怖がって不調になってたと思われる。

デリケなんだから僕。(笑)

前日、鳥取入りして開会式&競技説明会に参加。

最近、よく一緒になるZEROWAVEの大ちゃん。リレーでみんな苦手種目をやるらしくラン担当らしい。

2人共いつもひっそりと参加してるのに会場で目立ってます、おかしいな・・・(笑)

刻一刻とスタートの時間が迫ります。いよいよ明日は恐怖の一日。

なんせ自転車だけでなく、3種目あるので、準備もちゃんと出来てるのか不安です。

トライアスロンの大会はその大会によってちょっと勝手が違うところもあるので余計に不安。

よくイベント時の前夜は眠れない事が多いですが、最近は睡眠薬を飲んでますのでその心配はありません。

4時過ぎ起床。目覚ましの前に目が覚める。応援の妻子は応援バスツアーに参加の為、爆睡中。

泊まったホテルの食事はビュッフェ形式ですが、トライアスロンに参加する方用に別室で食事を用意してくれてます。

ちなみに、夜は19時30分が最終のビュッフェ開始時間との事でなんとかそれまでにはゴールしたい所ですが・・・。

あくまでも完走目標ですが、目標タイムはビュッフェに間に合う夜7時(12時間)とビュッフェありきで設定。

ホテルから出て会場まで自転車で向かう途中、ひがっさんと出会う。

受付を終えるといよいよスイムチェックです。

水はそんなにキレイではありませんが汚くもない。許容範囲。水温26℃。

先日お世話になったチームBRAVEの八尾コーチがスタート前の挨拶をされてて、

「ノーバトル」で行きましょう!人の手が当たってもありがとう!と思いましょう!って面白い開会宣言。

50mくらい沖に行っていよいよフローティングスタートです。急にプァ〜〜〜ンと音が鳴っていよいよスタートです。

目標は1時間10分。でも予想は1時間15分。

ノーバトルとはいえ、ほんま鯉の池みたいにうじゃうじゃ〜っと混雑するので否が応でも人と当たります。

第1ブイを超えて海岸線沿いを1.5km泳いで一旦上がってまた帰って来るルート。

やっぱりなかなか真っ直ぐ泳げてません。ジグザグに泳いで泳いで・・・やっぱり長い!!

1.5kmをやっと泳いで一旦上がってタイムを見ると36分。ほぼ予想通りですね。

往路の方が人が減ってるのでバトルにならずだいぶ楽でした。往路もやっぱり長い・・・

まあ、しんどくて溺れるとかそんな感じはなく、遅いながら進んでいけてるので大丈夫大丈夫と言い聞かせなんとかスイムアップ。

1時間13分。なんと、あとから結果みたら、900人中767位 おっそ〜〜〜!みんな速いな〜〜〜。

でも一安心。これで完走へだいぶ近づいた。

トランジッションでひがっさんと出会う。僕より4分速くスイム上がってたようです。

ここからバイクパート。

登りが多いと聞いていますのでとりあえず平坦区間を飛ばしてひがっさんを追い上げます。

ランで1時間以上は差が開く予想で絶対勝てないのでバイクで追い上げたい所。

抜いて抜いて抜きまくります。

大山の登りの手前でなんとか追いつく。

いよいよ大山の登り・・・うわ〜〜〜長い。完全にヒルクライムやん。

こうなるとダメだ。今まで抜いて来たけど抜かれ調子に・・・。

自分のパワーウェイトレシオの低さが露呈してます。

もっとパワーを上げるか身体をしぼらないと・・・。

そうこうしてる内にひがっさんに追いつかれ抜かれ、おいてけぼりに・・・。

挙げ句の果てに2段階右折の先頭でひっかかってだいぶ待たなければならない事に。

やっと大山が終わって下ります。

下った70km地点のエイド付近でひがっさんの奥さんが写真撮ってくれました。

あれ?僕の妻子がおらん。一緒の観戦バスに乗ってるはずやのに・・・

暑いから絶対外で応援してないと思ったわ〜

大山が終わってやれやれと思ってた所にまた長い登りが出現。撃沈・・・。

ここからは広域農道でアップダウンの連続。いわば、登るか下るかしかない。

折り返し地点を過ぎてようやく川沿いに帰って来た時にはもうグロッキー。

おまけにロングでTTポジションをずっとしてると、首が痛くて脊椎やられて視力のピントも合わなくなって意識が遠くなります。

残り15キロくらいですがゆっくり帰る事に。結局バイクのタイムもイマイチでしたが349位まで順位を上げました。

スイムアップしてから400人くらい抜いたって事かな?

先に着いてると思ってたひがっさんのバイクがない。着替えて走りに行く時に戻って来られました。トイレに行ってたらしいです。

お昼の2時。灼熱の時間帯にいよいよ最終種目。ここからフルマラソンです。

もうフラフラ状態です。先は長い。どうせ後半歩くのでと、とりあえず歩いてスタート。暫く歩きます。(笑)

海沿いのトイレで小を済ます。トイレはこの一度だけ。

2km毎にエイドステーションがあって学生さんたちを始めボランティアの方々がお水掛けてくれたり、

ドリンク配ってくれたり頑張って下さい!ってみんなに声掛けしてくれたりと本当にこの暑い中ありがとう!

僕が逆やったら無理やわ〜〜〜ほんまありがとう。

ボチボチと息も筋肉も落ち着いてきたので走り出します。キロ6分半から7分くらいで。

暫くしてCEEPOの田中社長に出会う。

数キロ進んだ所でひがっさんに追いつかれ抜かれて行く。

とてもじゃないけどあのペースにはついていけない。マイペースでゆっくりと進めますが、やっと10km地点。

あと4倍!なんて考えるとゲンナリします。半分の折り返し地点はまだかまだかと心を無にして走ります。

自分でも思ってた以上にスローペースながら走れてるのに驚きです。2km毎のエイドステーションを目標にしてるのがちょうどいいのかも。

折り返し地点の1kmくらい手前でひがっさんとすれ違う。ということは2kmくらい。15分くらい前を走ってる計算です。

意外と開いてないな。抜けはせんけど・・・そして折り返し地点。

段々と疲れが溜まってもう無理状態に近づいて来てる。25キロ超えてからガクっとペースが落ちる。8分前後。

30km超える、ここから未知の世界。8分前後とはいえまだなんとか走れてる。

もうここから全部あるいても完走は出来る。

33kmくらいのところでもう足が痛くて痛くて、あがらない。

時計を見ると18時過ぎ。キロ8分で9kmなので72分。あかん。

ビュッフェ間にあわへんや〜〜〜ん。(>_<)

35kmくらいの所でひょっとしたらラン40kmやったんちゃうかな?って思い始めて、

スタッフに「あと何キロですか〜?」って聞いたら7km位かな〜うぅぅやっぱり42kmか〜?

がんばって1km先のエイドステーションに到着し、もっかい近くのスタッフに「あと何キロ?」って聞いたら

「あと7kmくらいです」

ウソ〜〜〜ん。わし、今1km走ってきたやん!!損した〜〜!!って訳のわからん事言いながら、もう走れない。

歩いて走って歩いて歩いて・・・。

不思議なもので残り2kmくらいから走れるようになって、時計は19時半。

あ〜〜〜、妻子はビュッフェ食べとるな〜〜〜

競技場の手前の小さい長い信号も先頭でひっかかり、いよいよゴールの陸上競技場へ。

ゴール手前でせがれがアバンギャルド横断幕を持って走ってくる!

お〜〜〜ビュッフェ行かずに来てくれたんか〜

感動しながらゴーーーール!!

12時間40分。目標のビュッフェの時間より40分遅れ・・・。上出来です。

長い長い一日が終わった。

もう、歩くのもままならない。でも達成感で一杯である。スタッフの皆様、地元の方々、本当にありがとうございました。


ひがっさんはあの折り返してからもキロ6分ペースをキープしたらしく、

僕より1時間早くにゴール。

スゴイ。

どうあがいてもラン勝てません・・・。

ロングの大会はランが速い人が圧倒的に有利です。もう少しラン速くならないとな〜〜〜

そしてバイク登りばっかりやと得意種目なくなっちゃうな〜〜〜

さあ、暫く気を抜いて身体を休めて、9月は伊良湖トライアスロンのミドルである。

ミドルくらいが僕にはちょうどいいな〜〜〜。

9月は一応、MTB王滝100kmも出ます。

さあ、こんな僕でもトライアスロンロング完走出来たので、

迷ってる方、一歩踏み出してみませんか?

 

 

ご笑読ありがとうございました。

僕の挑戦は色々とまだまだ続きます。