アバンギャルドブログ

納車御礼 ~MADONE 9 トライアスロンカスタム~

こんにちは熊取の森です!

 

今日は先日納車させて頂いたトレックのハイエンドバイクのご紹介double exclamation

 

阪南市 K徳様が選ばれたのは MADONE 9 Project one

和歌山で納車後、わざわざ熊取店まで見せに持ってきてくださいましたほっとした顔

この MADONE 9のグレードは9.9と最上位グレードexclamation

 

 MADONE 9ラインナップとしては

機械式アルテグラ、ノーマルハンドルの MADONE 9.0

電動アルテグラ、ステム一体型ハンドルの MADONE 9.5

電動デュラエース、ステム一体型の MADONE 9.9

カタログ上ではこの3種類になります。

それをトレックのオーダーシステム「Project one / プロジェクトワン」(以下 P1)を通すことにより

MADONE 9.0で一体型ハンドル

MADONE 9.5で機械式デュラエース

MADONE 9.9でスラム レッド eTap、スラム レッド eTap Quarq

と、上記のようにさらに細かくドライブトレインやコンポーネントの選択ができるのですダッシュ (走り出すさま)

 

http://projectone.trekbikes.com/jp/ja/#model/madone99

 

コンポはMADONE 9.9クラスでしか選択できない電動デュラエースぴかぴか (新しい)

最新型のR9150系のデュラでアッセンブルされています指でOK

クランクのグラデーションがシブさと高級感を醸し出してますね~

ホイールは正統派

ボントレガー アイオロス7 TLR

 MADONE 9のダウンチューブの厚みは縦方向で約78mmもあるので70mmハイトのリムでもボリューム負けしません

なんなら70mmくらいの方がバランスが取れてカッコよく見えますねほっとした顔

P1ではアイオロス7とアイオロス5が同価格で選択できます

K徳さんはトライアスロンでの使用を兼ねてアイオロス7を選択されたのです指でOK

ボトルケージはアバンギャルド オリジナルカーボンボトルケージダッシュ (走り出すさま)

MADONE 9のハンドルといえば専用一体型ハンドルのイメージですが、最近ラインナップに追加された

ノーマルハンドル、ステムバージョンを選択

これによりトライアスロンでは必須アイテムのDHバーが取付け可能になりますひらめき

ワイヤーの露出する量も最小限に抑えられるので MADONEの美しさを損ないません指でOK

トップチューブ裏面には「Go and Take it / 全力で挑んで勝ち取ってこい」とメッセージが入りますexclamation

こりゃ~勝つしかないですわダッシュ (走り出すさま)

サドルはトライアスロンに適したボントレガー HILO XXX Carbonを搭載

サドルセンターが溝になっているのでDHを持った深い前傾姿勢でも尿道が圧迫されにくく疲労軽減へつながりますexclamation

テールライトもシートチューブに専用のマウントで取り付けられるものになっていますぴかぴか (新しい)

そして納車後しばらくたってからになりましたがDHバーを搭載させていただきましたdouble exclamationdouble exclamation

これがないとアイアンマンのようなバイクパートだけで180kmもあるような距離は身体が持ちません、、、笑

メインコンポがせっかくのDi2なのでDH先端には最新のSW-R9160を装着ダッシュ (走り出すさま)

これによりDHポジションで変速のとき、いちいちハンドルを持ち帰る必要がありませんねるんるん (音符)

DHバーにシフトスイッチを搭載するにあたって拘った点があります

それはシマノから最近発売された「EW-JC200」というエレクトリックケーブル延長用のジャンクションを使用したことひらめき

今までならシフトスイッチから伸びたケーブルはハンドルの中を通すかバーテープの下に巻き込み、STIへアクセスするしかありませんでした。

 

「EW-JC200」を使ってもケーブルの取回しは同じなのですが、、、、

 

ジャンクションからケーブルを抜くことができますね

これによりDHバーを外してシンプルにロードバイクとして乗りたいときにバーテープを剥がしたりハンドル内のケーブルを抜かずとして、簡単にDHバーが取り外しできますdouble exclamation

勿論、ハンドル左右からからケーブルが出ていますがケーブルの先端をテープなどで塞いでハンドルに固定するだけで見た目もスッキリしますぴかぴか (新しい)

「EW-JC200」のおかげで気軽に多種多様なバイクの使用にセッティングできるようになりましたほっとした顔

正面から見てもワイヤー類が一切見えないので前面投影面積が小さくなり空気抵抗が少なくなりますdouble exclamation

ライトやガーミンもステムのマウントを介して装着すれば無駄がなくスタイリッシュに付けられますグッド (上向き矢印)

このステム、マウントはノーマルハンドルのほとんどに付けられますのでハンドル周りをスッキリしたいという方はご相談くださいダッシュ (走り出すさま)

とんでもなく戦闘力の高いMADONE 9 が完成しましたdouble exclamationdouble exclamation

上の写真の状態で7.3kgとこの見た目では考えられないくらいの軽量バイク

更にDHバーなどを付けた重量は8.2kg

70mmのホイールですよ?!?!

DH付けてるんですよ?!?!?!?!

DHバー、70mmのカーボンクリンチャー履いてこの重量なのでホイールとフレーム、コンポがいかに軽いかわかりますねほっとした顔

 

まあ、今の時代軽いバイクはいくらでもありますわな

肝心なのは持って軽いよりも走って軽いexclamation

黄色いメーカーのキャッチコピーをお借りしましたがその通り

渋谷109を連想させるヘルメットでいざシェイクダウンダッシュ (走り出すさま)

 

「軽い、、、、、」

 

「めっちゃ軽い!!!!」

 

踏み出しからスピードを乗せるまでがメチャメチャ楽とのこと

このときはDHなしですが普段DHを付けて走っているところをプラス3km/hで巡行できたとのこと冷や汗2 (顔)

さすがMADONE いや、K徳さんダッシュ (走り出すさま)

DHを付けたらさらに何キロアップするのかひじょーに楽しみな反面、怖い気もします 笑

なんせしらず知らずにペースが上がってしまう後続からは嫌われるバイクなのですから、、、笑 (←いい意味でね 笑)

 

これからポジションも細かく煮詰めて乗り込み、来年のトライアスロン シーズンスタートから大暴れしてくれることでしょう指でOK

 

いい機会だったので僕のMADONE 9 と並べて撮影させていただきましたカメラ

今年のツールカラーのパクリと散々言われてきましたが

厳密にいえばこのカラーで僕は去年から乗ってます

パックったのは公式の方っすわダッシュ (走り出すさま)

 

赤白、白赤の紅白MADONEが並んでるのはいい光景ですな

 

同じMADONEですけど色々とボリュームや迫力がありゴツいのでこれからは「アニキ」と呼ばせていただきますdouble exclamation

 

アニキexclamationまた走りに来てくださいdouble exclamationdouble exclamation

 

では手 (パー)