H29年度 第1回きのくに自転車スポーツクラブ

こんにちは熊取の森です!

今日は5/21日に和歌山県自動車学校で行われた

和歌山県自転車競技連盟主催のH29年度 第1回きのくに自転車スポーツクラブの講師として参加させていただきましたのでその様子をお送りしますダッシュ (走り出すさま)

 

当日エントリーも含め10人の子供たちが参加してくれましたdouble exclamation

この日は暑く、気温も28度と真夏日でしたが子供たちは元気に熱心に講義を楽しんでいってくれましたるんるん (音符)

 

まずは一本橋

幅約30センチの一本橋を自転車で渡るのですが、なかなか難しいんですこれ冷や汗 (顔)

僕も試しにやってみましたが、フラフラでした 笑

自転車を乗るうえでバランスはもちろん大事ですが、ここでは乗車時の目線がいかに大事かを説明

どうしてもこういった不安定なとこや道が悪いとこでは目線は下より、前輪前端付近を見がちです。

これではハンドルをまっすぐ持って走ることよりも目先の路面状況しか捉えられないので危険ですね危険・警告 (!)

目線は10~15m前方を見て路面状況はその時に把握し、足元よりもハンドル操作に注意をおいたほうがいいと説明

そうすると一回目では安定しなかった子でも2回目以降は見違えるほどスムーズに進んでましたダッシュ (走り出すさま)ダッシュ (走り出すさま)

 

そして次に行うのは8の字スラローム

8つ置いたコーンをそれぞれ一周して次のコーンを目指し、8の字を書くようにして進んでいくこのお題は

僕も練習しましたがなかなかハンドル操作が難しいですねたらーっ (汗)

フルサイズのロードだとコーンの感覚が窮屈だったと言い訳しときます 笑

 

そんな8の字スラローム

子供たちはスムーズにグルグル回ってましたexclamation

ここでも大事なのは目線exclamation

できるだけコーンを見ながら回るとコーンと自分との距離間隔が掴め

コーンから離れすぎたり接近しすぎたりしないのでスムーズに回れるのですexclamation

コーンからコーンに移るときはややこしかったとは思いますが、それでもびっくりするくらい

みんなスムーズに回れてていました指でOK

 

一本橋と8の字スラロームが終わったら休憩ほっとした顔

普段しないような動きをして自転車に乗り、さらに暑いのでみんな疲れてるかな~

と思ってたら、、、、、

元気ありすぎdouble exclamationdouble exclamation

これでもかと言わんばかりに教習所内を爆走し、自主練してましたぴかぴか (新しい)

外の一般公道ではしないでね。冷や汗 (顔)

 

さあ、そんなやる気満々の休憩が終わった後は講義再開

 

急制動・急ブレーキ

一度はしたことはあるであろう急ブレーキ

できるだけしたくはないものですが、しなきゃいけない時もあるので

できるだけ最短距離で停止する方法を説明

もちろん前後ブレーキを握ってブレーキをしますが、握り加減では止まらずそのまま進んでいくこともあります。

前後同じ力加減だと後輪が滑りそんまま進んでいきます

このように後輪自体は止まってますが、地面の上を滑ることを「ロック」と言います。

これでは制動距離は伸びるので前を強く、後ろを弱くと一般的にありますがなかなか曖昧なところもあります。

前と同じ力で握るとロックするので若干弱めがいいでしょうexclamation

そして、前だけで強ブレーキすると前だけロックして後輪が浮き飛んでいくことになるので注意してください危険・警告 (!)危険・警告 (!)

後ろだけ握って後輪ロックで滑る方がまだ安全ですexclamation

 

そして最終項目の乗車ハイタッチ

最後にして一番簡単な項目でしたがこれも重要なのは目線

タッチする手を目で追いかけると無意識にそっちの方へ進んでいきます。

目線をまっすぐに保ち、タッチする手を前方で確認してから距離間隔、スピードを計算し

タッチしにいきます。

文章にすると難しそうですが、これらのことは人間無意識にしますので割と簡単ですexclamation

実際子供たちもヒョイヒョイとこなしてましたほっとした顔

今回はハイタッチでしたが、これがロードレースの世界になるとハイタッチが補給を受け取る動作に繋がりますexclamation

ボトルや補給を受け取る動作が加わるので難しいですが基礎となるハイタッチを難なくこなせていたので

問題なく受け取れるでしょう指でOK

 

以上の4項目

一本橋

8の字スラローム

急制動・急ブレーキ

ハイタッチが今回の講義の項目

 

これらを終えるとお待ちかねの「お楽しみレース」

年齢、車種別で班分けをし、教習所内を2周するクリテリウム

元気よく一斉にスタートダッシュ (走り出すさま)ダッシュ (走り出すさま)

最後は接戦になり白熱したレースを見せてもらいましたダッシュ (走り出すさま)ダッシュ (走り出すさま)

こんだけ暑い日にこれだけ激走するとさすがに疲れただろうと思ってましたが

全講義終了後、解放された教習所内を子供たちはしばらく楽しそうに走っていましたうれしい顔

 

自転車の基本的な操作方法から、乗り方などを教えていき選手を目指しレースに出る子供たちや普段自転車に乗るときでも活かせるテクニックをきのくに自転車スポーツクラブでは教えさせていただいています。

今年からは開催日数を増やし

6月25日(日)

8月6日(日)

10月22日(日)

11月26日(日)

に同じく和歌山県自動車学校で開催予定ですdouble exclamation

7月17日(月)海の日には和歌山競輪場で本格的なタイムトライアルに挑戦していただけますdouble exclamationdouble exclamation

なんと1/1000秒まで計測する滅多にない機会なので是非是非参加してくださいdouble exclamationdouble exclamation

では来月6月25日(日)にまたお会いしましょう手 (パー)