アバンギャルドブログ

なにかと話題沸騰中のYONEX(ヨネックス)ロードバイク取扱開始

みかん食べ過ぎて手が黄色くなってきました・・・ 和歌山店@しんちゃんです手 (パー)

今日は新たに取扱を始めたこのメーカーをご紹介ぴかぴか (新しい)

なんと和歌山市内での正規取り扱い店はアバンギャルドだけdouble exclamation

IMG_0326

そう。みなさん御存知ですね、ラケットでお馴染みの【YONEX】です。

まだまだロードバイク業界では知られていないメーカーですがこのロゴは絶対に見たことありますよね〜ひらめき

ヨネックスはMEDA IN JAPANにこだわり高品質なフレームを生産しているメーカーです。(生産は新潟生産本部工場)

フレーム重量は未塗装状態で650gと超軽量double exclamationそんなフレームにはあまり聞き慣れない技術が多数採用されています。

今回は新作のCARBONEXHR(カーボネックスHR)に採用されている「より強く、よりしなやかに速く=ヨネックステクノロジー」な技術をご紹介しますdouble exclamation

まずはヨネックスのフレームを検索すると引っかかってくるのは「GUMMETAL」(ゴムメタル)と「X-フラーレン」って単語。

ゴムなのにメタルって・・・なんのこっちゃw

Xーフラーレンとかもっと解らんw

って感じだったのでこないだメーカーの方が来られた時にしっかり聞いておきました指でOK

 

ゴムメタルはトヨタ自動車で開発された新素材で金属では不可能とされてきた「低弾性率化」「高強度化」を両立させた夢の新チタン合金ひらめき

 

X-フラーレンはフラーレン分子を樹脂に複合し、絶大な結合力によって剛性や強度を低下させることなく軽量化ひらめき

この素材をフレームに使用する事によって軽量で高剛性なフレームに仕上がっています

フレームの切断サンプルを見せて貰ったのですが、カーボン繊維に針金のような感じノ金属(ゴムメタル)が入っているのがはっきり解りました。

自分でワイヤー交換したことがある方は解るかも知れませんがざっくり言うとシフトのアウターケーブルの断面(縦に何本ものワイヤーが入っている)の様な感じです。解らない方お店まで来てくれたら説明しますdouble exclamation

 

さらにチェーンステーには「O・P・S」(オーバルプレスドシャフト理論)

チェーンステー付け根を各段面とし大型化。フレーム厚を薄く適度にしならせ高いホールド性とコントロール性を両立し横剛性は保ち振動に対して適度にしなり路面追従性が向上グッド (上向き矢印)

IMG_0331

そしてシートステーに採用されているのは「MICROCORE」(マイクロコア)

カーボン内部に従来のコア材に比べ、2,5倍高密度なコア材で、高い振動減衰性を発揮exclamation

ネオカップスタックカーボンナノチューブ

通常のカーボンに比べ粘り強さが増大し踏み込みの反応性と振動吸収性が向上グッド (上向き矢印)

IMG_0328

 

実際に試乗させて貰いましたがすごくバランスの良いバイクです。新型のフロントフォークは左右に厚く前後を薄くすることによって振動吸収性と操作性が非常に良い。フレームは踏み込みに対する反応もよくパワー系のライダーでも十分に乗れる仕上がりです。

デザイン性はさずが日本メーカーあせあせ (飛び散る汗)って感じですがフレームの出来は日本の技術のすばらしさを感じます。

前作と比較したかったのですが、前作は試乗したことがないので担当者に聞くと「レーシング性能が高まり、戦闘力の高いモデルがHR。カーボネックス01とカーボネックス02の軽さと乗り心地の良さはロングライドに最高です。」とのこと。

 

 

CARBONEXHR

¥470000+税(フレームセット)2016年1月発売予定
高出力に瞬時に反応する加速力と最後まで脚が残せる快適性を両立。 
キレのいいアタックやスプリントを実現したモデル。

carbonexhr

フレーム剛性を高めることで、瞬時にペダリングの力が伝わる事で加速しやすく、より速さを追求する競技志向を強めた設計としました。新採用の素材「ネオカップスタックカーボンナノチューブ」を採用することで高剛性化により失われがちな快適性を保持し、高レベルでバランスの取れた競技志向の上級者向けのカーボンバイクフレームです。

 

CARBONEX02

¥420000+税(フレームセット)

塗装重量マイナス20gのフェザーライトコーティングを採用。 
超軽量でも強靭、優れた推進性を発揮するヨネックス最軽量モデル。

carbonex02

塗装重量を20g減量させたフェザーライトコーティングを採用した軽量モデルです。塗装重量のみを減らすことでCARBONEXが備える強靭性や推進性はそのまま。加速性向上に大きく貢献し、より快適なライドをお楽しみいただけます。

 

CARBONEX03

¥420000+税(フレームセット)

2016年新デザインに「ブルー・グリーン」を追加、高級感あふれるパール塗装を採用。
5×3パターンから選べるカラーセレクター対応モデル。

carbonex03

Made in Japan の高性能フレームが生み出す強靭性と優れた直進性能は、しなやかな加速感を生み、より快適なライドをお楽しみいただけます。
カラーの組合せはカラーセレクター特設サイトでお試しください。

http://www.yonex.co.jp/roadbike/colours/

 

ヨネックスをお探しの方はアバンギャルド和歌山店または熊取店までdouble exclamation