CEEPO TTバイク ハンドル回り美化

オータニ@相次ぐトライアスロン大会中止でモチベーションダウン中

俺チャリのCEEPO KATANA DISCのハンドルを交換しました。

最近のバイクフレームには、写真の様にフレームのダウンチューブやシートポストにSHIMANO Di2のジャンクションを内装できる様になっているフレームが多いです。

僕のトライアスロンバイクのCEEPOは残念ながらジャンクションをフレームに内装できず、ブレーキホースも外回しになっております。これはメーカーがトライアスロンは遠征する事が前提なので、ハンドル回りなどを分解して箱詰めして輸送する事を考えれば遠征先でのトラブル防止の為、メンテナンス性を考えてあえて内装式にせずハンドル回りは専用品にせず、既製品ハンドルを取り付けるようにしています。

しかし、バイクは見た目の美しさも大事という事で、なるべくDi2コードやブレーキホースを内装出来ないかと工夫してみました。

元々は写真わかりにくいですがこんな感じでした。

ワイヤー出まくり。

5ポートのジャンクションをBENTO BOXの中に入れて充電やシフト調整はそこで行っておりました。

以前は、ガーミンマウントの下側にDi2ジャンクションを付けたりしてコードは丸出しでした。

そこで登場したのがプロファイルデザインのアルティメイトハンドルとステム。

ハンドルの真ん中に穴が空いててそこへ全て集約させます。通すのまぁまぁ大変。

100mmのステムだったら、中にジャンクションを入れられるとの事でしたが、充電する時にステム外さないとあかんやん!!

それは面倒くさいし、乗りながらシフト調整出来ないので、TTハンドルのお尻部分にジャンクションとバッテリーを埋め込みました。

これがまた大変。コードの取り回しどないするのよ!?

二股コード使ったりワイヤレスユニット使ったり色々してなんとかTTハンドル内に納めて、加工してエアロバー内に入れて・・・


どうよ。美しいでしょ!?
フロントのブレーキホースだけはどうしようもないでステム途中から出てきますが、ここまで、美しく収まりました。
我ながら大満足。

めっちゃスッキリ収まりました。
CEEPOユーザーの方、ハンドル回りのごちゃごちゃを綺麗にしてみませんか?
CEEPOのカスタムペイントも承ります。